当面の執筆予定と掲載予告


年末に向けて、忠臣蔵噺鋭意創作中。執筆終了後の11月掲載予定(希望)。うまくいけば、年末高座にかける予定(未定)。

噺と小説

鎌と撥

貸本の荷を降ろし、清吉は長屋には戻らず、まっすぐ根津の権現様へ向かった。縁日に太鼓を鳴らす、その稽古だ。一緒に…

コメントなし

つまみ簪

「またその簪、貧乏くさいからよして」一膳飯屋の娘おゆいの友達おあきが呆れた声を出した。 おあきは、呉服屋の一人…

コメントなし